さば和則ブログ【秋の全国交通安全運動がスタート!!】

前のページへ 次のページへ ホームへ

2020年09月21日 月曜日

9月21日(月)、愛知県の交通事故死者数は、昨年、全国ワースト1位を脱したものの、今年に入ってから交通死亡事故が多発するなど、厳しい状況が続いており、特に、高齢者の方々や自転車乗用中の事故が多発しています。
本日、9月21日から30日までの10日間、秋の全国交通安全運動がスタートしました。悲惨な交通事故を1件でも減少させるため、県民総ぐるみで運動を展開し、交通事故抑止に取り組んでいきます。
秋は、日没時刻が日増しに早くなり、運転者から歩行者や自転車の動きが見えづらくなる夕暮れ時と、仕事や学校からの帰宅時間帯とが重なるため、交通事故が多発する傾向にあります。
運動の重点は、「子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保」「高齢運転者等の安全運転の励行」「夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止」です。
日没後1時間の死亡事故が多く、歩行者や自転車利用者は、明るい目立つ色の衣服や反射材を身を身に付けての外出、ドライバーの皆さんは、子供や高齢者を見かけたら速度を落とすなどの思いやり運転の実践、夕暮れ時には早めの前照灯の点灯、対向車や歩行者がいない時には、ハイピームを活用するなど、安全運転に心掛けていただくようお願いします。


このページの先頭へ ▲