さば和則ブログ【知多地協交通安全呼び掛け運動に参加!!】

前のページへ 次のページへ ホームへ

2020年09月24日 木曜日

9月24日(木)、秋の交通安全県民運動がスタートし4日目となりました。本日は、連合愛知知多地域協議会の役員の皆さんとともに、東海市名和北交差点において、交通安全の呼びかけ運動を行いました。
愛知県内の交通事故死亡者数は108名(9月22日暫定値)で全国ワースト1、65歳以上の高齢者の事故死者数は58名となっており、悲惨な事故を1件でも減少させなければなりません。
愛知県内で9月から12月に発生した過去5年間の交通死亡事故の分析によると、午後5時から午後7時の時間帯に交通死亡事故が多発しており、午後5時から午後7時の間は最も危険な時間、「魔の時間」と言われています。
「魔の時間」である夕暮れ時は、周囲の視界が徐々に悪くなり、自動車や歩行者、自転車の発見がお互いに遅れたり、距離や速度が分かりにくくなります。
皆さま、「夕方の5-7(ゴーナナ)は“魔の時間”」を合言葉に、安全運転に徹し、夕暮れ時の交通事故を防いでまいりましょう。
なお、9月25日(金)は午後4時から午後6時の間、県内一斉大監視、9月30日(水)は全国一斉の「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。


このページの先頭へ ▲