さば和則ブログ【11月定例愛知県議会閉会】

前のページへ 次のページへ ホームへ

2020年12月17日 木曜日

12月17日(木)、11月定例議会は、11月27日から12月16日まで開かれ、一般会計で507億6,633万円余の補正予算をはじめ、人事委員会勧告を踏まえて実施する職員等の期末手当の支給割合の引き下げ、条例関係議案や意見書などを審議し、すべて可決・承認いたしました。主な補正予算では、新型コロナウイルス感染症対策として、新たに指定した診療・検査医療機関の設導入支援、医療機関等の医療従事者や職員等への慰労金の交付、ひとり親家庭への臨時特別給付金の再支給、愛知県感染防止対策協力金の交付などが計上されました。
愛知県感染防止対策協力金については、12月18日から1月11日までの25日間、愛知県内を対象に、県の営業時間短縮に応じて営業時間を短縮を実施した事業者に対し、1店舗あたり1日4万円、最大100万円が支給されます。また、主な対象要件は、業種別ガイドラインを遵守し、「安全・安心宣言施設」への登録、PRステッカーとポスター掲示を行っていることが必要となっています。
本県の感染状況は大変厳しい状況にあり、感染拡大防止に向けた強い呼び掛けと受け止め、3密の回避、マスクの着用、換気の実施など年末年始における感染防止対策の徹底をお願いします。


このページの先頭へ ▲